電子たばこって通常のたばことなにが違うの?

そもそも電子たばことは?

健康のためにたばこをやめたいという人は年々増加傾向にありますが、依存性があるためなかなかやめることができないという現実もあります。このような依存は治療で治すことも可能であり、医療機関では禁煙外来を設けているところもあるのです。このようなリスクを回避するため最近では電子たばこに切りかえる人も多く、吸い殻を捨てる必要はなく環境問題へ配慮することができたり、周囲の人たちにたばこの煙が害を及ぼす(受動喫煙)ことを避けるために、電子たばこを利用する人は増えています。

電子たばことはリキッド内の液体を熱することで蒸気したものを吸引する道具のことをいいます。ニコチンは含まれずリキッドを加熱することで発生する蒸気のフレイバーを楽しむもののことです。本来電子たばことはニコチンを含んでいるものをいうのですが、日本国内ではニコチンが含まれているものは禁止されています。そのため日本国内ではたばこ製品として販売されているものはないのです。

フレイバーが豊富でコスト面もいい

電子たばこのリキッドから発せられる蒸気には様々なフレイバーがあります。コーヒーや抹茶といった飲料系の味やミントやメンソールなどの爽やかな風味を感じられるもの、またりんごやぶどう、レモンなどの柑橘類の味などそのほかにも多種多様なものが販売されているのです。電子たばこはリキッドの種類の豊富さなど嗜好品として好まれることはわかりましたが、どのように購入し沢山の種類の中から何を選べばいいのか気になります。販売されている場所はたばこ販売店のほかにコンビニエンスストアや大型量販店など、様々な場所で売られているほかネットショッピングでも購入することができます。

電子たばこの中にはvape と呼ばれるものもありますが、これはニコチンやタールが含まれていないものをいいます。日本国内ではこれらが含まれていないものを電子たばこといいますが、海外ではより具体的にvapeはニコチンなどが含まれていないものをいうのです。vapeは本体を充電しリキッドをタンクに入れ加熱をすることで発生をする蒸気を楽しむもので、フレイバーの豊富さも特徴といえます。ほかにも通常のたばこ(紙巻きたばこ)と値段を比較するとランニングコストはvapeのほうが勝りますが、これはvapeの本体代金を除きリキッドなどの消耗品を平均的利用したときに計算した場合であり、紙巻きたばこの場合は1日に1箱消耗した場合のことをあらわしています。このように電子たばこは紙巻きたばこよりもコスト面やフレイバーの種類など多重多様であり、愛用する人は増えていく傾向にあるのです。

リキッドは電子たばこ(VAPE)を吸うために使う液体で、ニコチンリキッドとはニコチンが含まれたリキッドのことを指します。国内では入手や譲渡ができず、欲しい人はネット通販で海外から購入する必要があります。