どう選んだらいい?失敗しないカーテンの選び方

カーテンの役割とは?

カーテンは、部屋のインテリアの中でも大きな面積を占めるので、カーテン次第で部屋の雰囲気は大きく変わります。新しい家に引っ越しする人やインテリアに興味のある人は、特にこだわる人が多いです。好みのインテリアにするためにカーテンを選ぶことも大事ですが、カーテンにはインテリアとしてだけではなく、いろんな役割があります。プライバシーを守るために外から室内を見えないようにしたり、強い日差しを調節したり、室内の暑さや寒さを和らげるなどいろいろな役割を果たしています。なかには、吸音や遮音効果のある防音のためのカーテンや、防炎・防臭・防汚、ウォッシャブル、UVカットなど機能性に優れたカーテンも増えてきています。

カーテンの種類と特徴は?

カーテンには、いくつかの種類があります。一般的によく使われているのがドレープカーテンです。薄手のレースカーテンと組み合わせることが多く、室内に入る光を調節したり、外から室内を見えにくくしたりします。ロールカーテンは巻き上げるので、窓周りをすっきりとさせます。少し巻き上げた状態のままであれば、下部から光を取り入れ、上部は目隠ししたままで使用することができます。窓周りだけでなく、間仕切りや収納部の目隠しとしてよく使われています。ブラインドは、明るさを取り入れながらも直射日光は遮ることができ、風通しも調節できます。オフィスなどでよく使われていますが、家庭ではウッドタイプなどおしゃれなタイプが使われています。

カーテンの選び方とは?

カーテンを選ぶときは、まず窓のサイズを測りましょう。サイズが合っていなければ、カーテンとしての機能が十分に果たせなくなってしまいます。次に、カーテンの目的を考えましょう。機能性を重視するのか、インテリア面を重視するのか目的別に選ぶことで優先順位をつけることができます。機能性に優れたカーテンも増えてきていますが、既製品はデザインもサイズも限られてきます。なかなかカーテンを選ぶことのできない人には、既製品だけでなくオーダーカーテンも選択肢に入れることをおすすめします。

オーダーカーテンのメリットとデメリットは?

オーダーカーテンのメリットは、デザインや機能的にも自分好みのカーテンを必要なサイズに合わせて作れることです。ひとつずつオーダーに合わせて縫製するので、仕上がりも丁寧で耐久性にも優れた製品が多いです。予算的には既製品より高額になったり、完成までに手間や時間がかかったりなどのデメリットがありますが、この先長く住み続ける予定の人には、気に入ったカーテンを長く使うことができるのでコストパフォーマンス的にもおすすめです。

カーテンは、その部屋の印象を決める大きな要素になります。部屋の用途を考慮した上で、色や素材を選ぶことが大切です。