保存や整理が面倒な写真はフォトブックにしちゃおう!

撮った写真はフォトブックに

今やスマホにカメラがついているのは当たり前であり、デジカメを買う必要がなくなるほど機能が優れています。しかしいつでも写真が手軽に取れてしまう故に、あっという間にデータが容量を超えてしまうなんてこともしょっちゅう。データの保存方法やアルバム作りの手間を考えるとついつい放置しがちです。

そんな時に便利なのがフォトブックです。フォトブックとは、写真データを選ぶだけで写真集のような形であっという間にアルバムが出来上がります。もちろん編集も可能で、お好きなようにレイアウトすることもできます。1枚ずつアルバムに貼る作業もなく、分厚くならないのでかさばらず、持ち運ぶことも可能です。同じものを二つ依頼すれば、プレゼントすることもできます。写真を残したいけど、アルバムを作るのが面倒という人は、フォトブックとして写真を残しておくことがおすすめです。

残したい写真の選び方

まずは、どの写真をフォトブックに残したいのか選びます。ついついあれもこれもと選んでしまうと、結果的に膨大な量になってしまうこともありますので、あなたが過去の写真を見返すときに、また見たいと思えるような写真を厳選しましょう。例えば、顔の表情はよく撮れているか、ぼやけていたりブレていたりしないか、絶対に忘れたくない思い出の日など、後から見返したときに、この写真いいなぁと思えるような写真を選ぶようにしましょう。

選んだ写真を編集しよう

次に選んだ写真を編集します。フィルムのカメラと違ってデジタルのデータは編集できるのが良いところですよね。そのままでももちろん良いのですが、スマホやパソコンで誰でも簡単にトリミングや修正などの編集ができますので、ぜひ編集にも挑戦してみてください。不必要な背景などはトリミングしたり、肌の色や細かい部分なども修正すれば、満足のいく綺麗な写真に仕上がりますよ。

サイズ、表紙、素材などを選んで依頼しよう

写真の選定、編集が終わったら、依頼したいサービス業者を探します。業者によって仕上がりや金額が違ってきますので、何を重視したいのかを見極めてから選ぶようにしましょう。また、フォトブックの仕様は選ぶことができる場合がほとんどですので、1冊に写真をたくさん詰め込みたい人は、小さいサイズの写真を選ぶと良いでしょう。写真のサイズの他にも、カバーの材質、印刷方法、紙質なども選ぶことができるので、自分だけのオリジナルフォトブックに仕上げることができます。

フォトブックは、写真が劣化することもないので長期的な保存も可能ですし、プレゼントにも最適です。データだけで残しておくのが不安な人や、写真の保存に困っている人は、ぜひ世界にひとつだけのフォトブックを作ってみてはいかがでしょうか。

フォトブックとは、カメラやスマートフォンなどで撮影した写真をプリントし、アルバムにしたものです。結婚式や子供の成長、旅行などを思い出や記録としてまとめておくことができます。