壁面緑化って何?初心者でも挑戦できるの?

壁面緑化の効果とは?

建物の壁面に植物を育成して緑で覆うことを壁面緑化といいます。建物に緑を取り入れることでおしゃれな印象が出ることから、近年では一般住宅でも取り組む家庭が増え、街中で目にする機会も少しずつ増えてきていますよね。しかし、壁面緑化には見た目がおしゃれなだけでなく、実用的なメリットもたくさんあるのをご存知ですか?

まず、壁を緑で覆うことで、建物の中の温度上昇を緩やかにする効果があります。緑のおかげで部屋の中を快適な温度に保つことができれば、夏場はエアコンの使用頻度を減らせて電気代の節約にもつなげられますよね。また、壁面緑化は室内の温度だけでなく、都市部の気温上昇を抑える効果も期待されています。都市部では、郊外に比べて気温が上がりやすいヒートアイランド現象が起こります。アスファルトやコンクリートを緑で覆うことで、ヒートアイランド現象の緩和も期待できることから、都市部の企業や高層マンション、大型施設では積極的に壁面緑化に取り組んでいるところが増えてきているのです。

壁面緑化におすすめの植物は?

「自宅で簡単に壁面緑化に挑戦してみたい!」そんな人には、育てやすい一年草のつる植物がおすすめです。代表的なものはゴーヤやヘチマです。簡単に育てられるのに加え、実がなれば食べられるのも実用的で嬉しいポイントですね。緑のカーテンは見た目にも涼し気な印象を与えます。また、成長が早いアサガオも失敗が少なく、綺麗な花も咲くので観賞用としてもおすすめです。難しそうに見えて、意外と簡単に挑戦できる壁面緑化。初心者でも育てやすい品種で、気軽にトライしてみましょう!

壁面緑化にはヘデラ類を始めとするつる植物が使われることが多いです。ヘデラ類以外ではムベやトケイソウなどが用いられます。