大事な時計を長く使い続けるためのお手入れ方法

汗や汚れを放置しておくと錆の原因に

腕時計は日常生活のおいて、着用する機会が多く、長い時間肌に密着した状態が続きます。そのため、毎日のお手入れをしなければ汗などの汚れにより、時計本体部分やベルトなどが錆びてしまう可能性もあります。お手入れをする上でもっとも重要なのが、隙間に入った汚れを取り除く事です。また、錆びた状態のまま放置しておくと、本体内部のムーブメントなどの故障の原因にもなります。この様に、汚れなどを取り除くのが基本的な、お手入れとなっています。また、お手入れには汚れを取る他にも、見た目の美しさを保つという目的もあります。お手入れは、あくまでもベルトや時計本体の表面までにしておきましょう。機会式時計は内部が複雑となっているので、専門的な知識を持っていない際には、故障してしまう危険もあります。

簡単なお手入れ方法とは

基本的に機械式時計のお手入れには、専門的な道具は必要ありません。用意するのは、セーム革製のクロスです。セーム革の表面は粗くないため、時計に傷を付けずにお手入れをする事ができます。主に時計やベルトの表面などを優しく磨きましょう。この時、汚れが気になるからと言って強く磨き過ぎないように注意が必要です。ベルトの隙間など、磨きにくい部分には、歯ブラシなどを使用しましょう。歯ブラシは毛先が細いものを選ぶ事で汚れを取りやすくなります。もし、ベルト部分が金属などの場合には、洗濯洗剤などを付ける事で、さらに汚れを取る事ができます。また、洗濯洗剤などを使用して磨く場合には本体からベルトを外してから行いましょう。

高級腕時計ブランド・ゼニスは、世界最高レベルのクオリティを誇る自社ムーブメントと男受けしやすいデザインを特徴としています。