機械式時計は大切にお手入れをすることで、長持ちできる

機械式時計の汚れの取り方を知っておく

機械式時計は、伝統的でクラシカルなデザインが特徴になっており、ぜんまいを使って動いています。クオーツ式の腕時計に比べると、ややお値段が高いので、なるべく長持ちさせたい人がほとんどです。機械式時計のお手入れ方法は、文字盤などに汚れが付いたら、鹿革などの柔らかい素材の布を使って、汚れを拭いておく必要があります。クオーツ式の時計とは違って、毎日ぜんまいを巻く必要があります。ぜんまいを巻かないと止まってしまうので、注意をして下さい。

定期的なオーバーホールが必要です

機械式時計は大変デリケートなので、長く使用していると油が古くなってきたり、部品が劣化してきます。専門店のスタッフに、オーバーホールを定期的に依頼すると良いでしょう。購入してから3年以上を経過している場合は、オーバーホールによるお手入れが必要です。機械式時計を分解して、新しい油に交換をしたり、劣化した部品の交換などに対応をしています。定期的に点検や修理を依頼することで、きれいな状態を長く維持できます。

機械式時計はオーバーホールの専門店に依頼しよう

機械式時計はきちんとお手入れをすることで、長持ちさせることが出来ます。両親から譲り受けた、アンティークな機械式時計を持っている人もあります。機械式時計はクオーツ式時計のような、正確さはないですが、数秒の狂いしかないので困ることはありません。地元で評判の高いオーバーホールの専門店を探しておくと安心です。人気のブランドの商品は、耐久性に優れているので、定期的にメンテナンスをすることで、愛着が感じられます。

ウブロは、スイスの高級時計メーカーです。このメーカーは、1979年にニヨンにてイタリアの時計・宝石メーカーであるビンダグループの創業者の一族により創立されました。